秋分前後、節目前後の浄化、確認の波の日々を越えて。

秋分前、節目前後の浄化?確認の波の日々✨
18周年を迎えた9月18日は亡くなった妹の誕生日。1月の命日や自分の誕生日含め、こうした節目前後は、揺れる。。。
私は私を生きているか?この肉体を使い魂の望む生き方をできている?って問う。こたえはすぐ見つからなくても、問いを立てておく。
1人になる旅(兼研修)で自分と対話したり、
自宅に戻り気になりながらも手がつけられなかったフローリングの床の汚れを削り磨きながら、手を着けたらエライことになり、、
同じように次々起きてくる現象に、揺り動かされ出てくる触れないでいれば見えなかった澱のような自分の中のエゴや傷、気づき、、
胸焼けしそうな気分になってくる(笑)
でもきっと澄んだ流れに行き着くはず
繊細な層が細やかに際立つ、今
向いているベクトル
大切にしているもの
捉えて目に映るもの
タイミング、
いい悪いでも、好き嫌いでもなく、誤魔化したりも合わせたりもなく
全身の感覚を研ぎ澄まして
今の自分の心が響き合うことを大切に
こんな風に、大好きな芝生でクルクルしている時のように、自然に笑えていたらいいな。
真水純子さんに撮影していただきました。

関連記事

  1. 八ヶ岳の麓に住む私たちへの山の精霊・妖精からのメッセージ

  2. 義理の両親とうまくやれないフィルター持っていませんか?

  3. 最後だと思って、目の前の人と時を重ねていく~結婚記念日編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。